刀剣訪問ブログ

鉄もブームも熱いうちに。

「渡邉先生?佐野美術館の館長だよ。しかも女性」

「この図録の解説渡邉先生だよ!この人の解説、すごくいいよ〜」


刀展示を見に行き出してからちょいちょい耳にするようになったお名前、渡邉先生。
その頃は以前の記事でもチラッと書いた通り、あまり刀関係の書籍を買っていなかったためどんな方なのかまったく知らず、周りの刀仲間からおしえてもらって初めて知りました。

女性で刀に携わっている人。
どんな人だろう?そう思っていた折に「日本刀は素敵」の新書版が発売され、
更に発行元のワック株式会社様より告知記事作成の依頼を頂きましたので早速読んでみました。

結論を言うと「刀剣女子」や「審神者」と呼ばれている人たちに読んでもらいたい!


image

続きを読む

■日時  2016年11月5日
■場所  東京都神田
■参加費 3,500円

image続きを読む

■日時  2016年10月8日・9日
■場所  致道博物館
■入館料 致道博物館…700円
     出羽三山歴史博物館…300円

------------------

■旅行日程 2016年10月8日〜9日
■東京―鶴岡往復交通費 13,570円
■宿泊地・宿泊費 羽黒山宿坊 大進坊 一泊二食付き 8,900円


image


続きを読む

好き未満、もしくは無自覚の好きか。
他人から見たら、おそらく私は「刀が好きな人」に見えるでしょう。それを自覚できたのはつい最近の事で、それまでは単に日本刀というよく知らないモノの輪郭に触れて探りたいだけでした。
専門書が読みたい!ほしい!と思った事が、「好き」を自覚するキッカケになったのだと思います。

そこで刀に興味を持った誰もがぶち当るであろう『刀の解説書ってどれを買えばいいの?』『どうやって勉強したらいいの?』について、初心者向けの範囲で私なりに書いてみました。

続きを読む

■日時   2016年9月19日
■場所   土浦市立博物館(茨城県)
■入館料等 150円


image

続きを読む

↑このページのトップヘ