■日時 2015年5月14日(木)
■場所 徳川ミュージアム(茨城県水戸市)
■企画 徳川家康公顕彰400年記念
   「家康公と御三家展」 4/25~7/8
■入館料 1,080円
■交通費 8,028円
    (新宿⇔水戸/往復7,627円+1日周遊券400円)

40



ちょうど仕事で水戸に行く用事があったので行ってきました。
武庫刀纂(ぶことうさん)とはざっくり言うと刀を詳細に写生した刀剣帳のことらしいです。

29  44-1

JR水戸駅を出たらロータリー左手にある茨城交通の案内所にて1日周遊券を購入。偕楽園にも行けるね。
14  39


バス停からちょっと歩いて
18


到着。
59 26
私が映り込んでますサーセン




館内は撮影禁止ということだったので、肝心の武庫刀纂の写真は載せられないのですが表紙の色はこんな色こんな色の唐文様。
和綴じで左上に金背景黒文字で「武庫刀纂目録」と書いてあります。

ちょうど燭台切光忠のページが見開きで展示してあって、左側のページの中に刀身を柄の側・中・刃先の三分割で描かれていました。
後に見た兼さんは掛け軸に写しが描かれていたので刀身がまるまるスッキリ描かれていた)

今はもう見ることのできない華やかな刃紋が予想以上にしっかり載っていました。
足長丁子か重花丁子かな?小さいモコモコした乱れがあって、真ん中らへんは雪を落としたように薄くモコモコが連なっている感じです。(伝えられない;)

現在東京国立博物館で展示されている長船光忠の太刀が素人目には似たような刃紋なので、見に行ける方はそちらを参考にしてみてください!





しかしなぁ




私が訪れた3日後に燭台切光忠の本体が公開されるイベントが開催されたことや、
その後の展示替えで1冊しか展示されていなかった武庫刀纂が7冊に増えたということについて白目を剥いたのは言うまでもなかった。
【8月30日追記】
本体見て来れた。ついでにパンフレットに武庫刀纂のページも載ってた→燭台切光忠を見に行った話
【8月31日追記】
10月10〜12月13日まで羽田空港美術館で展示されるってさ!