刀剣乱舞に登場する刀を中心に、全国の刀剣展示情報を載せています。
クリックで各カテゴリに飛びます。
展示中常設展示定期展示これからの展示予定展示期間終了

こちらもあわせてご参照ください。

関連記事


注意:正しい情報を記載するよう注意していますが、誤りや記載後に公式側で変更がある場合があります。展覧会に行かれる方は、必ず事前に主催者の発表する情報をご確認ください。


展示中


■企画展「刀 KATANA」4期 2019年1月5日〜3月31日
長船光忠1振、長光2振、景光1振、兼光1振、勝光1振、長義2振、家助1振
児手柏 再現作、燭台切光忠 再現作 
────────────
燭台切光忠 2019年1月26日〜3月31日
公式情報ページ・展示品一覧

第1期 相州    2018年4月14日〜
第2期 山城・大和 2018年7月13日〜
第3期 古備前   2018年
第4期 備前    2019年1月5日〜3月31日 

企画展自体は2019年3月31日まで。
相州/山城・大和/古備前/長船 の優品を4期に分けて紹介。

2019年2月16日〜3月31日は鯰尾藤四郎・鯰尾藤四郎再現作(宮入法廣刀匠作)も展示
徳川ミュージアム(茨城)
刀剣乱舞-ONLINE-×徳川ミュージアムのコラボグッズについてはこちら
花丸遊印録スタンプラリーの公式サイトはこちら


■「備前刀 ー用と美の系譜ー」
公式ページ
【前期】2018年12月21日〜2019年2月24日
森記念秋水美術館(富山)

■「関の刀職者たちの技ー平成27~30年度赤羽刀修復を通じてー」
公式ページ
2018年12月22日~2019年3月4日
関鍛冶伝承館(岐阜)

■福岡藩士伝来・刀と槍の装具展
公式ページ
2017年12月26日~2019年2月24日
福岡市博物館

■「館蔵刀剣資料公開展」
厚賀市立博物館所蔵の刀剣資料を順次展示。
展覧会情報ページ
第一期 2018年12月27日〜2019年1月18日 越前康継の作刀を中心に
第二期 2019年1月19日〜2月5日 光行・敦賀最古の在銘刀剣と郷土の刀工
第三期 2019年2月6日〜2月22日 敦賀盛重と安田コレクション
厚賀市立博物館 3階展示室(福井)

■髭切
「北野天満宮の至宝」
2019年1月1日〜3月17日
北野天満宮(京都)

■相州行光
公式ページ
2019年1月2日〜3月10日
東京国立博物館

■不動行光・骨喰藤四郎・鯰尾藤四郎(※1)・燭台切光忠(※2)・宗三左文字(※3)
獅子貞宗・織田左文字
「REBORN 蘇る名刀」
公式ページ
2019年1月7日〜2月24日
(※1)鯰尾藤四郎の展示期間は1/7〜1/30
(※2)燭台切光忠の展示期間は1/7〜1/23
(※3)宗三左文字の展示期間は2/1〜2/24

佐野美術館(静岡)
三島市×刀剣乱舞-ONLINE-コラボレーション企画


■蛍丸写し(影打)・復元三日月宗近真打
三島市×刀剣乱舞-ONLINE-コラボレーション企画
館のHPコラボ公式ページ
2019年1月8日~2月24日
三島市郷土資料館1階 企画展示室(静岡)

■「細川家の名刀と肥後鐔の美」
情報ページ
2019年1月8日〜3月24日
熊本県立美術館 別棟展示室

■特別展「神に捧げた刀­-神と刀の二千年」
太刀 妙純傳持 ソハヤノツルキ ウツスナリ 奉納久能山東照宮御宝前(三池写)/宮入昭平刀匠・薄緑丸(箱根神社蔵)・韴霊剣写し(原品は石上神社の内反素環頭大刀)など
公式ページ
2019年1月22日〜3月16日
國學院大學博物館(東京)

■脇差 無銘貞宗・太刀 銘貴實・太刀 銘國宗・太刀 銘正恒
公式ページ展示作品リスト
2019年2月1日〜 ※展示替え時期不明
久能山東照宮博物館(静岡)

■音にきこゆるvol.3〜島田の刀鍛冶と「五ヶ伝」〜
公式ページ
2019年2月2日〜3月24日
島田市博物館(静岡)

■「堀川国広とその高弟」
公式ページ
2019年2月4日〜3月3日
足利商工会議所友愛会館内ギャラリー・カッサ(栃木)
■謙信景光
公式ページ
2019年2月5日〜3月3日
埼玉県立歴史と民俗の博物館

■日光一文字
公式ページ
2019年2月5日~3月3日
福岡市博物館

■大阪天満宮 盆梅と刀剣展
太刀銘安綱「天光丸」壷井八幡宮蔵ほか
公式PDF大阪天満宮HP
2019年2月9日〜3月3日(2月21日から展示替えがあります)
大阪天満宮

■鯰尾藤四郎・骨喰藤四郎再現作(宮入法廣刀匠作)
2019年2月16日〜3月31日
徳川ミュージアム(茨城)
刀剣乱舞-ONLINE-×徳川ミュージアムのコラボグッズについてはこちら
花丸遊印録スタンプラリーの公式サイトはこちら




常設展示


■太郎太刀 熱田神宮宝物館(愛知)
■御手杵(レプリカ) 結城蔵美館(茨城)
 御手杵(レプリカ) 比企総合研究センター(埼玉) 2018年1月末で展示終了
 御手杵(レプリカ) 前橋東照宮社務所(群馬県)
■日本号 福岡市博物館
■同田貫正国 玉名市立歴史博物館 こころピア(熊本)
※改修工事で休館中です 詳細
全面休館:2018年9月26日~12月27日
年末年始休館:2018年12月28日~2019年1月4日
一部休館:2019年1月5日〜2月28日

■燭台切光忠 徳川ミュージアム(茨城)
※2016年4月9日〜しばらくは常設展示とのこと
■祢々切丸 日光二荒山神社中宮祠 宝物館(栃木)


定期展示


■鬼切丸(髭切) 北野天満宮宝物殿(京都)
毎月25日と梅・紅葉シーズン、1/1と12/1、4/10〜5/30に開館
他、定期的に宝刀展が開催されるので公式HPをチェック
■石切丸・小狐丸 石切剣箭神社(大阪)
毎年4月15・16日 春季大祭宝物館一般公開
毎年10月21・22日 秋季大祭宝物館一般公開
2019年は4月17日〜5月15日も公開
■数珠丸恒次 本興寺(兵庫)
毎年11月3日 虫干会 大宝物展
■和泉守兼定 土方歳三資料館(東京)
毎年土方歳三命日(5/11)前後がメイン
2019年は4/7〜5/26


これからの展示予定


■観世正宗・粟田口国綱・古備前高綱・福島兼光など
展示品リスト
2019年2月19日〜5月12日
東京国立博物館

■第64回重要刀剣等指定展
公式ページ展示品リスト
2019年2月19日~3月31日
刀剣博物館(東京)

■中国の陶芸展
日本刀約10振を公開
公式ページ
2019年2月23日〜3月31日
五島美術館(東京)

■「備前刀 ー用と美の系譜ー」
公式ページ
【後期】2019年3月1日〜5月26日
森記念秋水美術館(富山)

■企画展「華麗なる日本刀 備前刀の伝統 鎌倉時代から現代まで」
公式ページ
2019年3月16日~5月6日
古河歴史博物館(茨城)

■髭切
「北野天満宮 信仰と名宝―天神さんの源流―」
公式ページ
2019年3月19日〜4月14日
京都文化博物館

■本作長義
2019年3月26日〜6月16日
徳川美術館(愛知)

■日本刀の見方 パート1 姿
2019時4月13日〜6月30日
刀剣博物館(東京)

■雷切丸
特集展示「刀を見る、伝来を知る 柳川藩主立花家伝来の刀剣
2019年4月12日〜7月15日
立花家史料館(福岡)

■鯰尾藤四郎・南泉一文字(※4/14〜5/12まで)
 後藤藤四郎・物吉貞宗(※4/14〜6/2まで)
「徳川将軍ゆかりの名刀」
2019年4月14日〜6月2日
徳川美術館(愛知)

■大倶利伽羅広光
公式ページ
2019年5月11日~5月15日
大崎市岩出山文化会館「スコーレハウス」(宮城)
※大倶利伽羅広光は5日間とも展示予定

■千代金丸
公式ページ
2019年6月28日〜7月31日
那覇市歴史博物館(沖縄)

■特別企画展「真田×刀」(さなだとかたな)
公式ページ
前期:2019年6月29日~8月19日
後期:2019年8月21日~9月23日
真田宝物館(長野)

■大般若長光
2019年7月13日〜9月1日
九州国立博物館(福岡)

■2019年度現代刀職展 
2019年7月6日〜8月18日
刀剣博物館(東京)

■治金丸
公式ページ
2019年8月2日〜9月2日
那覇市歴史博物館(沖縄)

■平成名刀展
2019年8月24日〜10月6日
刀剣博物館(東京)

■北谷菜切
公式ページ
2019年9月6日〜10月2日
那覇市歴史博物館(沖縄)

■大典太光世・骨喰藤四郎・物吉貞宗・へし切長谷部・江雪左文字・宗三左文字・日光一文字・姫鶴一文字・桑名江・太閤左文字・城井兼光・岩切海部・安宅切 ほか
特別展「侍 もののふの美の系譜」
公式ページ
2019年9月7日〜11月4日
※各刀剣の展示期間詳細はわかり次第追記します
福岡市博物館

■日本刀の見方 パートⅡ 地鉄
2019年10月12日~12月23日
刀剣博物館(東京)

■第65回重要刀剣等新指定展
2020年1月11日~2月16日
刀剣博物館(東京)

■日本刀の見方 パートⅢ 刃文
2020年2月22日~5月17日
刀剣博物館(東京)





↑googleアカウントにログインした状態で「マイカレンダーにコピー」をクリック、
自分のカレンダーにインポートすると通知設定や期間の調整等の詳細設定ができるからyouの訪問予定作成に活用しちゃいなよ。
赤色が刀剣乱舞実装刀剣、灰色がそれ以外の展示情報になります。
スクリーンショット 2018-05-15 15
カレンダー右上の「週月予定リスト」の横にある▼をクリックするとカレンダーが切り替えられます。


このページに記載している情報は誤り・変更がある場合があります。展覧会に行かれる方は、必ず事前に主催者の発表する情報をご確認ください。続きを読む