■日時  2015年6月14日
■参拝料 0円
■交通費 420円(清水五条⇔墨染)
------------------
■旅行日程 2015年6月13日〜6月15日
■東京−京都交通費 15,420円 内訳13,080円(東京→京都/新幹線)+2,340円(京都→東京/夜行バス)
■宿泊地・宿泊費 清水五条駅徒歩10分のとこ、4,400円(2泊分)




DSC_0635
京都旅行2日目。

この日はmy destinyでmy preciousな鶴丸がかつて奉納されていたという藤森神社へ行きました。
宿泊地の清水五条からは京阪線で12分と徒歩7分で到着。
京都駅からだとJR奈良線で9分+徒歩5分なのでアクセス良好ですね。もう間もなく始まる刀剣御朱印めぐりも、遠方から参戦する審神者さんはここから攻めるのをオススメします。
個人的に藤森神社→豊国神社→粟田神社→建勲神社or逆順がスムーズかな



DSC_0633
image
DSC_0637
image



藤森神社の御朱印をグーグル検索すると
左馬御朱印
出展 http://ameblo.jp/clover-and-rainbow/entry-11744519854.html

このような左馬の御朱印がヒットします。これは「午年のお正月のみ」の限定御朱印だそうです。
通常は神社名のもの。
image


宝物殿(撮影禁止)
image
中にはたくさんの馬のおもちゃ、武器、鎧、そして刀が三振が展示してあります。刀のうち一振は三条小鍛冶宗近の刀でした!
「宝剣 平安 三条小鍛冶宗近作 嘉永5(1952)年12月18日 正二位藤原朝臣光成奉納」
ここで三条の刀を見るとは思っていなかったので…さすが鶴丸師匠の御座したところでありますな、驚きをありがとう(笑)

ややっ!馬のおもちゃの中にとっても馴染みあるものが……!
image
我が地元の郷土玩具「八幡馬やわたうま」がいるではありませんか〜!!(写真は自宅に飾ってるやつ)
馬のおもちゃの一番手前にこれの大きい子がいるので探してみてね(﹡´ `﹡)
この「八幡馬」と書かれた木の札、6月に行った時も12月に行った時も倒れたままだったので、神社の方は直してくださると嬉しいなぁ


不二の水
image
本殿付近にある湧き水。二つとないおいしい水だそうです。自由に汲めるのでその場で飲むこともできるし、容器があれば持ち帰ることもできます。


この時はちょうど紫陽花祭がひらかれていました。
10

DSC_0643DSC_0654


藤森神社の境内は明るく親しみやすい雰囲気。公園で子供たちが遊んでいました。
DSC_0666DSC_0665



子供たちのはしゃぐ声、ちょうど催されていたシンギングボウルの演奏と舞、水を汲む参拝客の賑わい。
鶴丸や、現代の藤森神社はどうだったかな?
そう問いたくなる気分に浸りながら帰路につくのでした。


2016年2月 加筆修正


*京都編*
その一 骨喰藤四郎を見に行った話
その二 藤森神社に行ってきた話/鶴丸国永
その三 豊国神社に行ってきた話/骨喰藤四郎
その四 鍛冶神社・粟田神社、相槌神社とか三条のスタバとかその辺に行ってきた話